日本チェーンドラッグストア協会、プラ容器回収・リサイクル実証実験開始

6月14日、日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は消費財メーカーと小売企業等と共に横浜市内の31 店舗において日用品の空き容器の店頭回収の実証実験を開始すると発表した。日用品分野でのリサイクルを進めるため、2021 年 10 月よりJACDS会員企業と主要日用品メーカーによる推進協議会を組織し、検討を進めてきた。

実験の目的は、本事業を通してSDGs推進活動、サーキュラーエコノミーの普及、啓発することと、回収プラットフォーム構築に向けた、回収オペレーション、回収後の再生品作成までの技術的な問題点等の課題の洗い出しをすることである。

同プロジェクトへの参加企業は、ウエルシアホールディングス株式会社、株式会社トモズ、株式会社マツキヨココカラ&カンパニー、花王株式会社、P&Gジャパン合同会社、ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社、ライオン株式会社、テラサイクルジャパン合同会社。

【参照ページ】
プラットフォーム構築へ向け 6 月末より実証実験を開始

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-25

    Workivaのサーベイ:自社のESGデータを7割以上の経営幹部が信頼をしていない

    6月23日、ビジネスデータ・報告ソリューションプロバイダーのWorkivaが発表した新しい調査によ…
  2. 資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    2022-6-25

    資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    6月22日、オルタナティブ投資に特化したグローバルな資産運用会社であるOaktree(オークツリー…
  3. 2022-6-25

    Brookfield、過去最大のネット・ゼロ移行ファンドで約2兆円を調達

    6月22日、グローバルなオルタナティブ資産投資家であるBrookfield(ブルックフィールド・ア…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る