東京ガス、株主還元方針を変更。脱炭素投資に注力

9月29日、東京ガスは株主還元方針を変更することを発表した。

変更の目的としては、「脱炭素化社会への貢献と当社グループの持続的な発展の実現」を目指し、財務体質の健全性を保ちつつ、投資を優先的に脱炭素分野に振りむけるためとしている。

東京ガスは株主への配当と自社株買いの金額を合計して連結最終利益で割った「総還元性向」の目標を、従来各年度6 割程度としていたものを、5 割程度にするという表記に変更した。

今回の変更は2022年度3月期期末配当より適用するとしている。

【参照ページ】株主還元方針の変更に関するお知らせ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. IberdrolaとH2 Green Steel、約2,900億円のグリーン水素プラントを建設し、脱炭素鉄鋼の生産に貢献

    2021-12-5

    IberdrolaとH2 Green Steel、約2,900億円のグリーン水素プラントを建設し、脱炭素鉄鋼の生産に貢献

    世界的なエネルギー・電力供給会社であるイベルドローラ社とスウェーデンのグリーン・スチール・スタート…
  2. SoftbankとBlackRock、サステナビリティ・データ&アナリティクス・プラットフォーム「Clarity AI」に出資

    2021-12-5

    SoftbankとBlackRock、サステナビリティ・データ&アナリティクス・プラットフォーム「Clarity AI」に出資

    サステナビリティ分析とデータサイエンスのプラットフォームであるClarity AIは、SoftBa…
  3. 香港証券取引所、上場企業向けにESG評価指標を提供、ビジネス向けのネット・ゼロ・ガイドを発行

    2021-12-5

    香港証券取引所、上場企業向けにESG評価指標を提供、ビジネス向けのネット・ゼロ・ガイドを発行

    香港証券取引所(HKEX)は、投資家向けに香港の上場企業のESG指標を公開するとともに、企業のネッ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る