ENECHANGE、海外エネルギーベンチャーに特化した「脱炭素テックファンド」を設立

enechange

9月30日、ENECHANGE(エネチェンジ )株式会社は、運営参画するJapan Energy Capital合同会社を通じ、海外エネルギーベンチャー企業への投資に特化した「脱炭素テックファンド」を設立したと発表した。

本ファンドには、ENECHANGEに加え、日本ユニシス株式会社、東芝エネルギーシステムズ株式会社が参画する。また、先行する海外エネルギーベンチャー企業との投資や提携を通じて、事業領域に定める「エネルギーの4D」(自由化・デジタル化・脱炭素化・分散化)のうち、本ファンドの設立は、「3D」(デジタル化・脱炭素化・分散化)領域を担う当社のデータ事業を加速させる重要な戦略と位置づけられている。

ENECHANGEの強みとしては、イギリスベースのネットワークをもとにした年間100社を超える海外脱炭素テックベンチャーとの面談実績、世界最大の電力自由化市場である日本への参入支援、日本での戦略的パートナーシップの3点を挙げている。

【参照ページ】
海外特化型の「脱炭素テックファンド」を設立、ENECHANGEデータ事業の次の一手

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2021-11-29

    ENEOSの傘下のJX石油開発、英資源開発事業を売却

    11月26日、ENEOSホールディングス傘下で石油や天然ガスなどの開発を手掛けるJX石油開発は、英…
  2. 2021-11-29

    Citi、Breakthrough Energy Catalystとのパートナーシップを発表

    11月2日、Citiは、2050年までのネット・ゼロ・エミッション達成に向けてクリーン・エネルギー…
  3. LM Wind Power、廃棄物ゼロの風力発電ブレード製造へ

    2021-11-29

    LM Wind Power、廃棄物ゼロの風力発電ブレード製造へ

    11月23日 、GEのリニューアブル・エナジー事業であるLM Wind Powerは、2030年ま…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る