英国New South Wales州、2030年までに排出量を半減させることを公約

New South Wales、2030年までに排出量を半減させることを公約

9月29日、New South Wales州(NSW)は、2005年を基準に2030年までに排出量を半減させるという新たなコミットメントを発表した。これにより、脱炭素化の目標に向けて数十億の民間投資を誘致することが期待される。

この新しい目標は、New South Wales州が事前に掲げていた2030年までに35%という目標から


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アマゾン、グローバルな事業展開のための実用規模の再生可能エネルギープロジェクトを次々と発表

    2021-12-2

    Amazon、グローバル再生可能エネルギープロジェクトを次々と発表

    Amazonは、米国、フィンランド、ドイツ、イタリア、スペイン、英国において、18件の風力・太陽光…
  2. 2021-12-2

    KKR、ESG戦略を推進するためにサステナビリティ・エキスパート・カウンシルを設立

    グローバルなオルタナティブ・アセット&プライベート・エクイティ投資家であるKKRは、ESGに関する…
  3. 経済産業省

    2021-12-2

    経産省、日本企業のサプライチェーンにおける人権に関する取組状況のアンケート調査結果を公表

    11月30日、経済産業省は、外務省と連名で実施した、「日本企業のサプライチェーンにおける人権に関す…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る