韓国中銀、外貨資産管理でESG重視。ガイドライン策定を発表

Korea-ESG

韓国の中央銀行は9月28日、外貨資産管理でESGをさらに重視し、今後の管理に向けたガイドラインを準備する方針を示した。

声明によるとESG関連資産に投資する段階の資産管理戦略を、社会責任投資の要請の高まりに応じる形で「更新」し、全ての外貨資産にESGの要素を適用する方針。

同行はMSCIのESGスクリーンド指数を利用し、一定のESG基準を満たさない企業やセクターへの投資を除外(ネガティブ・スクリーニング)する。独自のネガティブ・スクリーニング・システムを2-3年以内に構築することも検討する可能性があるとしている。

【参照ページ】韓国中銀、外貨資産管理でESG重視 ガイドラインも策定へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. IberdrolaとH2 Green Steel、約2,900億円のグリーン水素プラントを建設し、脱炭素鉄鋼の生産に貢献

    2021-12-5

    IberdrolaとH2 Green Steel、約2,900億円のグリーン水素プラントを建設し、脱炭素鉄鋼の生産に貢献

    世界的なエネルギー・電力供給会社であるイベルドローラ社とスウェーデンのグリーン・スチール・スタート…
  2. SoftbankとBlackRock、サステナビリティ・データ&アナリティクス・プラットフォーム「Clarity AI」に出資

    2021-12-5

    SoftbankとBlackRock、サステナビリティ・データ&アナリティクス・プラットフォーム「Clarity AI」に出資

    サステナビリティ分析とデータサイエンスのプラットフォームであるClarity AIは、SoftBa…
  3. 香港証券取引所、上場企業向けにESG評価指標を提供、ビジネス向けのネット・ゼロ・ガイドを発行

    2021-12-5

    香港証券取引所、上場企業向けにESG評価指標を提供、ビジネス向けのネット・ゼロ・ガイドを発行

    香港証券取引所(HKEX)は、投資家向けに香港の上場企業のESG指標を公開するとともに、企業のネッ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る