アクセンチュア/WEFレポート: サステナブル経営の実践が収益性を大きく向上させる

Accenture

世界的なプロフェッショナルサービス企業であるアクセンチュアと世界経済フォーラム(WEF)は、サステナビリティに焦点を当てた経営管理手法と価値創造との関連性を調査した新しいレポート「Shaping the Sustainable Organization」を発表した。本レポートでは、効果的なESGプラクティスを導入している企業は、平均して20%以上高い収益性を生み出しているという強い関連性が示されている。

これは、ESGの改善が収益性とのトレードオフを示す「ゼロサム」であることを懸念する


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アマゾン、グローバルな事業展開のための実用規模の再生可能エネルギープロジェクトを次々と発表

    2021-12-2

    Amazon、グローバル再生可能エネルギープロジェクトを次々と発表

    Amazonは、米国、フィンランド、ドイツ、イタリア、スペイン、英国において、18件の風力・太陽光…
  2. 2021-12-2

    KKR、ESG戦略を推進するためにサステナビリティ・エキスパート・カウンシルを設立

    グローバルなオルタナティブ・アセット&プライベート・エクイティ投資家であるKKRは、ESGに関する…
  3. 経済産業省

    2021-12-2

    経産省、日本企業のサプライチェーンにおける人権に関する取組状況のアンケート調査結果を公表

    11月30日、経済産業省は、外務省と連名で実施した、「日本企業のサプライチェーンにおける人権に関す…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る