みずほ、日本の金融機関で初めてPCAFに参加。投融資の気候変動影響を開示することを約束

Mizuho PCAF

みずほフィナンシャルグループは、本日、Partnership for Carbon Accounting Financials (PCAF)に加盟したことを発表した。日本の金融機関としては初めての加盟であり、融資や投資に伴う温室効果ガス(GHG)の排出量を測定し、開示することを約束する金融機関の数がさらに増えたことになる。

PCAFは、総資産約43兆ドルに相当する135以上の金融機関が加盟するグローバルパートナーシップで、融資や投資に伴う温室効果ガス(GHG)排出量を評価・開示するための調和のとれたアプローチを開発・実施することを使命としている。

2020年11月、PCAFは「金融業界向けグローバルGHG会計・報告基準」を発表した。この基準は、銀行、資産運用会社、資産所有者が、融資や投資ポートフォリオのGHG排出量の影響を測定・報告するための、標準化された強固で明確な方法を提供することを目的としている。

PCAFのメンバーはここ数ヶ月で世界中から大幅に増加しており、最近ではHSBC、ドイツ銀行、フィフスサードなどが加盟している。

PCAFへの参加は、2050年までに低炭素社会の実現に貢献するというみずほの方針に沿うものであり、融資・投資活動によるスコープ3排出量の中長期的な目標設定の一環として参加を決めたようだ。

【参照ページ】国際イニシアティブ「Partnership for Carbon Accounting Financials」への加盟について

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-1-24

    気候変動・人権など世界には多様な認証制度が存在!サステナビリティに関する主な認証ラベル・制度:Part2

    こんにちは!ESG Journal Japan編集部です! サステナブルな事業やESG・SD…
  2. 2022-1-24

    英政府、廃棄物の取り締まりを強化する計画を発表

    1月21日、英国における廃棄物産業改革の一環として廃棄物犯罪者の取り締まり強化が発表された。2つの…
  3. ソフトバンク、初のサステナビリティボンドの発行条件を発表

    2022-1-24

    ソフトバンク、初のサステナビリティボンドを発行。成層圏通信プラットフォームに充当

    1月21日、ソフトバンクは、同社として初めてとなるサステナビリティーボンド総額300億円の発行条件…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る