脱炭素化の影響で、産業機械の受注高が減少

脱炭素化の影響で、産業機械の受注高が減少

4月の産業機械の受注高は、前年同月比9・1%減の3412億7900万円と2カ月連続で減少した。二酸化炭素の排出を低減する「脱炭素化」により、同分野の受注環境が厳しくなりつつある。
製造業向けは前年同月に比べて約25%伸び、「全体的に設備投資の持ち直しの動きが見られる」としている。

一方、外需は同2・1倍の1092億8500万円と大幅に増えた。また主要約70社の輸出契約高は同2・2倍の985億5600万円だった。地域別構成比はアジアが約6割、ロシア・東欧が約2割を占めた。プラント案件はなかった。

機種別では化学機械がアジアでの増加により同約14倍となったほか、プラスチック加工機械や風水力機械、変速機なども前年実績を上回った。

【参照ページ】産業機械の受注高が減少、背景に「脱炭素化」の影響あり

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-1-24

    気候変動・人権など世界には多様な認証制度が存在!サステナビリティに関する主な認証ラベル・制度:Part2

    こんにちは!ESG Journal Japan編集部です! サステナブルな事業やESG・SD…
  2. 2022-1-24

    英政府、廃棄物の取り締まりを強化する計画を発表

    1月21日、英国における廃棄物産業改革の一環として廃棄物犯罪者の取り締まり強化が発表された。2つの…
  3. ソフトバンク、初のサステナビリティボンドの発行条件を発表

    2022-1-24

    ソフトバンク、初のサステナビリティボンドを発行。成層圏通信プラットフォームに充当

    1月21日、ソフトバンクは、同社として初めてとなるサステナビリティーボンド総額300億円の発行条件…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る