三井ホームが建築物の木造化・木質化を促進、サステナビリティブランド発足

三井ホームが建築物の木造化・木質化を促進、サステナビリティブランド発足

三井ホーム(東京都新宿区)は5月31日、サステナビリティブランド「&EARTH with WOOD」を立ち上げたと発表した。CO2の排出量を低減できる木造建築物の普及を目指し、戸建住宅・共同住宅・文教施設・福祉施設など、さまざまな中大規模建築物のさらなる木造化・木質化を促進する。

三井不動産グループは環境コミュニケーションワードとして「&EARTH」(アンド・アース)を定め「人と地球がともに豊かになる社会」を目指すことを掲げている。

日本の建築関連でCO2排出量を占める割合は、全産業の約1/3を占めると言われている。住宅建築時におけるCO2排出量を比較すると、木造は鉄筋コンクリートの約1/2 との試算※1もある。同社によると「再生可能な循環資源である木材を利用した建築への期待が高まっている」という。

今後は、「&EARTH with WOOD」を同社のサステナビリティブランドとし、「木とともに」人と環境にやさしいサステナブルな社会の実現やSDGsに貢献していくとしている。

※1: CASBEE 評価に基づく林野庁試算、床面積120 m2の場合

【参照ページ】三井ホーム、建築物の木造化・木質化を促進 サステナビリティブランド発足


関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-1-24

    気候変動・人権など世界には多様な認証制度が存在!サステナビリティに関する主な認証ラベル・制度:Part2

    こんにちは!ESG Journal Japan編集部です! サステナブルな事業やESG・SD…
  2. 2022-1-24

    英政府、廃棄物の取り締まりを強化する計画を発表

    1月21日、英国における廃棄物産業改革の一環として廃棄物犯罪者の取り締まり強化が発表された。2つの…
  3. ソフトバンク、初のサステナビリティボンドの発行条件を発表

    2022-1-24

    ソフトバンク、初のサステナビリティボンドを発行。成層圏通信プラットフォームに充当

    1月21日、ソフトバンクは、同社として初めてとなるサステナビリティーボンド総額300億円の発行条件…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る