RepRisk、ESGデータ手法を公開し、透明性の向上を目指す

RepRisk、ESGデータ手法を公開し、透明性の向上を目指す

ESGデータサイエンス企業であるRepRisk社は、投資家がより多くの情報に基づいた意思決定を行えるようにすることで透明性を高め、より持続可能な資本配分を可能にすることを目指して、ESGデータへのアクセス提供を発表した。

また、同社はウェブサイト上で「Jupyter notebooks」を公開し、ESGスコアやポートフォリオの構築やカスタマイズに使用できるコード、アルゴリズム、サンプルデータセットへのアクセスを提供している。

同社は、機械学習と人間の知能を組み合わせて、185,000社以上の公営・私営企業と50,000以上のインフラプロジェクトについて、定量的なリスク分析と独自の指標を提供しており、あらゆるグローバルセクターと市場をカバーしている。RepRisk社のESGデータは、人権、労働慣行、汚職、環境など、幅広い問題をカバーしている。同社のソリューションは、ブラックロックやJPモルガンをはじめとする大手投資家や投資サービスプロバイダーの顧客にESGデータを提供するために使用されている。

同社の発表は、投資家によるESG評価やデータサービスの利用が急速に拡大している中で行われたが、投資プロセスの中心となりつつあるソリューション市場は透明性に欠けているとの指摘が多くある。証券監督者のための国際的な政策フォーラムおよび基準設定機関であるIOSCOは、今週、市場調査の結果を受けて、プロバイダーが使用する手法やデータの透明性を高めることを求める報告書を発表した。この報告書によると、格付けやデータ商品が測定しようとしているものの定義が明確でなく、整合性が取れていないことや、プロバイダーとカバーする企業との間の利益相反に関する懸念が見られた。IOSCOはまた、規制当局に対して、この分野の監視を強化するよう求めている。

【参照ページ】
(原文)RepRisk: Best ESG data provider
(日本語訳)RepRisk社、ESGデータ手法を公開し、透明性の向上を目指す

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る