炭素計測プラットフォームPersefoni、シリーズBラウンドで約115億円を調達。三井住友銀行も参画

 

気候管理・会計プラットフォームのPersefoniは、シリーズB資金調達ラウンドで1億100万ドル(約115億円)を調達したことを発表した。この資金調達は、同社の地理的および製品的な拡大計画を加速させることを目的としている。

Persefoni社によると、今回の発表は気候変動対策SaaS企業による最大の投資ラウンドとなり、4月に完了した970万ドルのシリーズAラウンドを含め、同社のこれまでの総調達額は1億1400万ドル(約130億円)以上となる。今回のラウンドは、Prelude VenturesとTPGのThe Rise Fundがリードし、NGP Energy Technology Partners、Sallyport Investmentsなどの既存投資家、Clearvision Ventures、Parkway Ventures、Bain、電力会社EDF、三井住友銀行、The Ferrante Group、Alumni Ventures Group、New Valley Venturesなどの新規投資家が参加した。

2020年に発表されたPersefoni社のSaaSプラットフォームは、企業や機関投資家がカーボンフットプリントの測定、分析、計画、予測、報告を行うことを可能にする。AIを活用して、ユーザーに組織の持続可能性パフォーマンスのコンテクストスコアを提供し、カーボン取引やインベントリーを金融取引と同様の厳密さで管理することができる。同社は、銀行や資産運用会社などの金融機関が、温室効果ガスプロトコルやPartnership for Carbon Accounting Financials(PCAF)などの基準に準拠してファイナンスによる排出量を算出することを支援しており、すでに世界最大級の銀行やプライベート・エクイティ投資家が顧客に名を連ねている。

今回の発表では、ベイン、EDF、SMBCなどの参加投資家との戦略的企業提携も含まれている。

Persefoniは、中小企業向けの炭素会計プラットフォームなど一連の製品発表を行った。さらに、Science Based Targets initiative (SBTi)のTemperature Scoring Modelを統合した気候シナリオモデリングソリューションを発表し、ユーザーは1.5℃または2℃の暗黙の気温上昇に沿った組織のモデルを作成することができる。

【参照ページ】気候テックのSaaSスタートアップ企業Persefoni シリーズB資金調達ラウンドで1億100万ドル調達と無償のカーボン会計サービスを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る