ネクサンプ、普及加速のため約802億円を調達

ネクサンプ、普及加速のため約802億円を調達

4月10日、分散型太陽光発電とエネルギー貯蔵ソリューションの開発・運営会社であるネクサンプは、5億2,000万ドル(約802億円)を調達したことを発表した。この資金調達は、同社が新たな市場に進出し、再生可能エネルギーと貯蔵能力を構築することで成長を加速させることを目的としている。

2007年に設立されたボストンを拠点とするネクサンプは、太陽光発電資産の導入と運用に注力しており、プロジェクトの開発、設計、建設、融資、保守、運用など、太陽光発電プロジェクトのライフサイクル全般にわたって能力を発揮している。同社は現在、約80,000の顧客にサービスを提供し、1.5ギガワット以上の発電容量と建設中のポートフォリオを維持している。

今回の資金調達を発表した声明の中で、ネクサンプは、今回の新たな投資は「全米における再生可能電力に対する需要の急増を反映したもの」であり、「クリーンエネルギーへの移行を進める上で、公益事業規模のインフラと信頼性の高い分散型電源ソリューションのバランスをとる必要性が不可欠である」という投資家の評価が高まっていること、そしてコミュニティ・ソーラーが業界で最も急速に成長している分野であることを反映している、と述べている。

ネクサンプは、20以上の市場で数ギガワットのプロジェクト容量を開発中だという。同社は、今回の新たな資本は、国内プロジェクトパイプラインの展開を促進し、新規および既存市場での事業拡大と開発業者との提携を加速させ、発電および消費者主導型サービスの継続的な成長を促進するために使用されると述べた。

今回の投資は、既存の投資家であるダイヤモンド・ジェネレーティング・コーポレーションとジェネレート・キャピタルとともに、マニュライフ・インベストメント・マネジメントが主導した。

【参照ページ】
(原文)Nexamp Raises $520M to Power Clean Energy Mission
(日本語参考訳)ネクサンプ、5億2000万ドルを調達し、クリーン・エネルギー・ミッションを推進

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る