Mirova、スタートアップ向け気候変動基金に400億円超を調達

Mirova、スタートアップ向け気候変動基金に400億円超を調達

2月2日、サステナビリティ重視の投資運用会社Mirovaは、スタートアップ市場におけるクリーンエネルギー転換の加速を目的としたブレンデッド・ファイナンス・デット・ファンドであるミローバ・ギガトン・ファンドに対するコミットメントが2億8,200万ドル(約400億円)に達し、立ち上げから1年で同ファンドの目標額5億ドル(約740億円)の半分以上を達成したと発表した。

2023年3月の最初のクローズ以降、Gigaton Fundへの新たな投資には、欧州投資銀行(EIB)からの7500万ドル(約111億円)のシニア・コミットメントが含まれる。

ミローバ・ギガトン・ファンドは、アフリカ、ラテンアメリカ、中東、アジアの新興国を中心としたクリーン・エネルギー・プロジェクトに対し、中長期的な債務融資を提供することを目的としており、インパクトの大きい気候変動緩和・適応、社会開発、経済インフラ、ジェンダー平等への投資に対する機関投資家の支援を動員することを目指している。本ファンドは、主に中小企業(SME)を対象としており、ソーラーホームシステム、農業用ソーラー、商業用・産業用ソーラー、通信タワーのソーラー化、ミニグリッド、その他、e-モビリティ、蓄電池、気候変動に配慮した食品システム、エネルギー効率化、炭素クレジットの事前融資など、有望な分野をターゲットとしている。

G7が設立したイニシアチブ「2Xチャレンジ」の一環として、同ファンドは女性の生活向上も目指しており、新興市場における女性起業家の資金調達へのアクセスを改善し、クリーンエネルギーへの女性のアクセスを高め、公平で質の高い雇用を実現し、起業家としての成功を支援する。

EIBは、今回の7,500万ドル(約100億円)のコミットメントに加えて、ルクセンブルグ-EIB気候金融プラットフォームの下、500万ユーロ(約8億円)の触媒ジュニア投資を発表した。

これまでに同ファンドが支援したプロジェクトには、ケニアを拠点とする零細農家に特化したソーラー・灌漑システム・プロバイダーのSunCulture、家庭用ソーラー・システム・プロバイダーのSolar Panda、ガボンとナイジェリアを拠点とするクリーンエネルギー・ソリューション・プロバイダーのEnergy Visionなどがある。

【参照ページ】
(原文)Mirova Gigaton Fund reaches $282m to accelerate clean energy access and climate action in emerging markets with support from the EIB
(日本語参考訳)Mirova、スタートアップ向け気候変動基金に400億円超を調達

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る