アマゾン、コロラド州のフルフィルメントセンターに初の低炭素水素電解槽を設置

12月27日、水素・燃料電池ソリューション企業のプラグパワーは、コロラド州オーロラにあるアマゾンのフルフィルメントセンターに電解槽システムを設置し、試運転を完了したと発表した。

水素は、よりクリーンなエネルギーへの移行において重要な構成要素のひとつであり、特に、風力や太陽光などの再生可能エネルギーが実用的でない、排出ガスの削減が困難な用途に適している。

1997年に設立されたプラグパワーは、グリーン水素、水素燃料電池、電解槽など、水素燃料電池のターンキー・ソリューションを提供している。

コロラド州のフルフィルメント・センターに設置される新しい1メガワットの電解槽は、電気と水を使って水素を製造し、その水素はその場で圧縮されて気体水素貯蔵タンクに貯蔵され、施設内のフォークリフトの動力源として使用される。

両社によると、電解槽は水素燃料電池フォークリフト225台分の水素を製造しており、最大400台まで対応可能だという。

プラグパワーは、アマゾンと協力し、北米の80以上のフルフィルメントセンターに、フォークリフトのバッテリーに代わる燃料電池を17,000台以上導入したと発表した。これらのほとんどの拠点では、フォークリフトの動力源となる水素は別の場所で製造され、液化された後、トラックで敷地内の貯蔵・分配システムに運ばれている。新しい電解槽はアマゾンにとって初めてのものだ。

アマゾンは、再生可能エネルギーの世界的な最大手企業のひとつであり、世界各地で約480の風力・太陽光発電プロジェクトを立ち上げており、運転開始後は毎年71,900ギガワット時(GWh)以上のクリーンエネルギーを発電すると見込まれている。

【参照ページ】
(原文)Plug Power Completes First Installation of Electrolyzer at Amazon Fulfillment Center
(日本語参考訳)アマゾン、コロラド州のフルフィルメントセンターに初の低炭素水素電解槽を設置

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る