クレディ・アグリコル、新規の石油・ガスプロジェクト向け融資を終了

12月14日、パリを拠点とする国際的な銀行・投資グループであるクレディ・アグリコルは、新規の化石燃料採掘プロジェクトへの融資を停止し、石油・ガスの探鉱・生産のみを目的とする独立系生産者への融資を終了すると発表した。

本方針は、クレディ・アグリコルが発表した気候変動戦略の強化・加速を目的とした一連の施策の一環であり、特にエネルギー分野の事業を対象としたいくつかの施策や、ネット・ゼロに焦点を当てたコミットメントを新たに5つの優先分野に拡大するほか、気候変動に関する野望を実現するためのガバナンスや経営に焦点を当てた数多くのイニシアティブを含む。

HSBC、BNPパリバ、ソシエテ・ジェネラルも過去1年間に同様の方針を発表している。HSBCが2022年12月に方針を発表した後、他の各銀行はバークレイズとドイツ銀行とともに、1兆5,000億ドル(200兆円)以上の資産を代表する投資家を含むキャンペーンの対象となり、2023年中に新たな石油・ガス田への融資を終了することを約束するよう求められた。

クレディ・アグリコルが発表したエネルギー部門関連の追加コミットメントには、再生可能エネルギーと低炭素インフラへの注力を強化することが含まれる。2030年までに再生可能エネルギーへの年間融資額を3倍にすること、2025年までに低炭素エネルギーへのエクスポージャーを80%拡大すること、同部門での融資による排出削減を2050年のネット・ゼロシナリオの2倍のスピードに加速することなどが目標に掲げられている。

クレディ・アグリコルはまた、エネルギー転換に関与する企業に対して「選択的アプローチ」を採用し、エネルギー転換へのコミットメントを考慮した上で、エネルギーセクター企業への法人融資をケースバイケースで見直すとした。

【参照ページ】
(原文)CRÉDIT AGRICOLE ACCELERATES ITS CLIMATE COMMITMENTS
(日本語参考訳)クレディ・アグリコル、新規石油・ガスプロジェクト向け融資を終了

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る