ブラックロック、気候変動に特化したプライベート・デット・ファンドをローンチ

ブラックロックが気候変動に特化したプライベート・デット・ファンドをローンチ

10月5日、投資大手のブラックロックは、投資家に低炭素社会への移行投資機会を中心とした中堅企業へのエクスポージャーを提供することを目的とした、新たな「気候移行指向プライベート・デット・ファンド」のローンチを発表した。

ブラックロックによると、新戦略の立ち上げは、移行志向のソリューションを求める顧客の需要に応えるもので、ブラックロックの最近の調査によると、投資家の98%がポートフォリオの移行投資目標を設定しており、機関投資家の4分の3がネットゼロ目標を設定しているという。

ブラックロックはまた、低炭素経済への移行を重要な「メガフォース」の1つとしており、この移行は、資本の大規模な再配分を含め、経済やセクター全体で大幅な収益性の転換をもたらすと予測している。

ブラックロックのグローバル・プライベート・デット・プラットフォームの中で立ち上げられたこの新ファンドは、主に欧州と米国のミドルマーケットの直接融資に焦点を当て、支援とリソースを提供することで借り手の気候変動移行アジェンダを加速させることを目的とした投資を行っています。このファンドは、独自の気候変動移行格付けフレームワークを活用し、借り手の気候変動移行の特徴に焦点を当てた選定基準で、ネット・ゼロ・エミッションへの移行が様々な段階にある企業を借り手として選定することができる。

ブラックロックは、投資先企業の炭素報告や脱炭素化目標の実施・達成を支援するため、投資先企業と積極的に連携していくと付け加えた。

【参考ページ】
(原文)BlackRock launches climate transition-oriented private debt fund
(日本語参考訳)ブラックロックが気候変動に配慮したプライベート・デット・ファンドを設立

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る