コカ・コーラ、インドネシアで100%再生PETボトルを発売

6月22日、コカ・コーラ・インドネシアは、コカ・コーラ・ユーロパシフィック・パートナーズと提携し、キャップとラベルを除き100%再生PET(rPET)プラスチック製のボトルを全国で発売すると発表した。

コカ・コーラのトレードマークブランドのファンタ、スプライト(390ml)、スプライトウォータリーモン(425ml)にrPETパッケージが採用されたのは、同国初のことである。

この重要なマイルストーンは、インドネシアにおけるクローズド・ループ循環型経済の発展に向けた一歩であり、2025年までに包装に再生プラスチックを50%使用するという目標に対するCCEPのコミットメントを強調するものである。本目標は、コカ・コーラ社のサステナビリティ・ビジョン「A World Without Waste(無駄のない世界)」と一致している。

100%再生PETボトルの導入は、本目標に向けた実質的な貢献であり、インドネシアにおける新たなプラスチックへの依存を減らし、製造過程における二酸化炭素排出量を削減する。

コカ・コーラ・ユーロパシフィック・パートナーズ・インドネシアとダイナパック・アジア(Dynapack Asia)が西ジャワ州に設立した最新鋭のリサイクル施設では、使用済みPETボトルからリサイクルボトルを製造し、同地域のリサイクル能力を高めている。

同工場には、共同で設立した財団Mahija Parahita Nusantaraもあり、PETボトルの循環的な成果を推進する重要な手段であると同時に、原料価格を安定させ、廃棄物回収業者に対して公正で責任ある回収慣行を保証している。

同財団は、2030年までに販売する缶やボトルの1本分に相当する量を回収するというコカ・コーラの目標を支援し、回収零細企業、社会的企業、コミュニティの支援を通じて回収インフラを整備する。

Mahijaは、安定した雇用と重要な社会的ケアでインフォーマルなゴミ拾いコミュニティを支援することで、工場の操業が児童労働の排除や安全な労働環境の提供など、廃棄物回収のサプライチェーンにおける人権原則と規制を遵守することを保証しながら、施設の原料供給を支援している。

【参照ページ】
(原文)Coca-Cola launches 100% rPET bottles in Indonesia
(日本語参考訳)コカ・コーラ、インドネシアで100%再生PETボトルを発売

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る