PRIやUNEP FI、日本における責任投資基準の明確化を求め提言

6月19日、責任投資原則原則(PRI)、国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)、ジェネレーション・ファウンデーションは、「インパクト・ポリシーのための日本の法的枠組み」報告書を発表した。

本報告書では、日本の投資法が、サステナビリティへの影響が財務的に重要である場合に、投資家がその影響を追求することをどのように認めているか、義務付けているかについて概説している。但し、日本の規制が明確でないこともあり、投資家の理解は進んでいないと指摘した。

本報告書は、サステナビリティ・インパクトのために投資すること、つまり、(資産配分やスチュワードシップなど)自由に使えるツールやリソースを活用してサステナビリティの成果を意図的に追求することが、どの程度まで認められているのか、あるいは義務付けられているのかが不明確であることを示した。

日本では、このような明確性と理解の欠如が気候変動資金調達の妨げとなっており、投資家の行動意欲を減退させる可能性がある。そこで、報告書は、投資家が持続可能なインパクトの目標を追求する際の義務をよりよく理解できるよう、日本における既存の規則、基準、ガイダンスを更新するよう提言している。

日本の規制当局や政策立案者に対する提言は以下の通り。

1.投資家の義務として、サステナビリティ・インパクト・ゴールの追求を検討することを許可または義務付ける範囲を明確にする。
2.既存の規則、基準、ガイダンスを更新することにより、投資家が企業のサステナビリティ関連情報にアクセスしやすくする。
3.スチュワードシップ・コードの更新や、関連する実施支援プログラムを通じて、投資家がいつ、どのようにスチュワードシップ活動を利用してサステナビリティへの影響を追求できるかを明確にする。
4.開示、ラベリング、分類に関する規則とガイダンスを導入することにより、責任投資の主張に関する透明性と市場規律を強化する。
5.関連するガイダンスを導入することにより、持続可能性の目的と嗜好について、投資運用会社とその顧客・受益者との間のより良いコミュニケーションを確保する。

本報告書は、グローバル市場全体で持続可能なインパクトのための投資に取り組む一連の政策報告書の最新版である。

【参照ページ】
(原文)Leaders in responsible investment call for clearer standards in Japan
(日本語参考訳)PRIやUNEP FI、日本における責任投資基準の明確化を求め提言

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る