WEF、気候変動と自然喪失の対処のため年間約386兆円を投入

WEF、気候変動と自然の喪失に対処するために年間3兆ドルを投入するイニシアティブを開始

1月17日、世界経済フォーラム(WEF)は、2050年までにネット・ゼロ、自然破壊の防止、生物多様性の回復を達成するためのイニシアティブに対し、年間3兆ドル(約386兆円)の資金を引き出すことを目的とした新しいプログラム、Giving to Amplify Earth Action(GAEA)の立ち上げを発表した。

45以上のフィランソロピー、公共および民間セクターのパートナーとともに立ち上げられた本イニシアティブは、気候や自然に関する主要な課題に対する現在の資金調達の取り組みが「遅く、不十分」である状態に対処するため、新しい公共、民間およびフィランソロピー・パートナーシップ(PPP)への資金提供と成長に焦点を当てている。

WEFによると、フィランソロピー・キャピタルは、ニーズに応えるために、より機敏で、リスクに強く、価値観を重視し、長期的な視点に立ったユニークな資質を備えている。

GAEAの最初の活動は、ナレッジパートナーのマッキンゼー・サステナビリティの支援を受け、公共、民間、慈善団体のリーダーを招集し、触媒的役割を果たすのに最も適した気候や自然のソリューションを特定し対象とすることや、PPP介入を支援できる資金モデルのパイロット版と改良、新しい分野、地域、関係者への成功したアプローチのスケールアップと複製を主要目的とする。

【参照ページ】
(参考記事)WEF Launches Initiative To Unlock $3 Trillion Needed Each Year for Climate and Nature

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る