イギリスのISA等、世界的な太陽光発電事業を拡大するためのロードマップを発表

11月8日、COP27において、世界資源研究所(WRI)、国際太陽同盟(ISA)、ブルームバーグ・フィランソロピーは、「Our Solar Future」を発表した。これは、CONCITO、Investment Fund for Developing Countries、World Climate Foundationと共同で作成されたものである。

「Our Solar Future」は、COP26で発表された「ソーラー投資アクションアジェンダ」を基に、ソーラーエネルギーへの移行を加速させるために、より幅広い協力が必要な分野を特定するものである。

実現すべきアクションとして以下の7つを挙げた。

  • 具体的で期限付きのソーラー目標の設定と追跡。
  • リスク軽減に焦点を当てた地域またはグローバルな組織の複製と拡大。
  • クリーンエネルギー規制のグッドプラクティスを促進するための国際的な努力の調整。
  • ソーラーファイナンスの標準化を推進するための国際的なプラットフォームを確立し、進捗、パフォーマンス、インパクトを追跡するための共通システムのサポート。
  • 信頼できる太陽光発電プロジェクトのパイプラインの実証。
  • 新興国向けブレンデッドファイナンスのための革新的な格付けツールの検討・開発への格付け機関の関与。
  • ベンダーファイナンスのグローバルなスケールアップの支援。


市場の障壁に対処し、発展途上国や新興国における投資リスクを軽減し、協力を促すことで、政策立案者は企業や金融部門と協力して、太陽光発電の導入規模と速度を拡大することができる。WRIの「2022年気候変動対策の現状」レポートによると、世界を1.5℃に適合する経路に乗せるためには、ゼロカーボン電力の割合を現在の6倍近く増やす必要があるそうだ。

【参照ページ】
(原文)New Roadmap Provides Path to Rapidly and Equitably Scaling Global Solar Investment and Deployment
(日本語訳)新ロードマップは、世界の太陽光発電の投資と普及を迅速かつ公平に拡大するための道筋を示すものです。

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る