ユナイテッド航空、Archer製の電気飛行機100機購入のため約13億円を預託

8月11日、ユナイテッド航空は、垂直離着陸機(eVTOL)の開発元であるArcherから100機の電気式初期生産機を購入するため、1,000万ドル(約13.5億円)を預託したと発表した。

ArcherのeVTOL機は、電気モーターを使用し、将来的には都市部での「エアタクシー」としての利用が期待されている。本航空機は、最高時速150マイル、最高距離60マイルで飛行できるように設計されており、将来のモデルはより速く、より遠くまで移動できるようになる見込み。また、ハリウッドとロサンゼルス国際空港間の移動では、乗客一人当たりのCO2排出量を47%削減する可能性がある。

今回の納入前支払いは、ユナイテッド航空が2021年にArcherとバッテリー駆動の短距離用航空機の開発支援で合意したことを受けたものだ。本航空機が運用を開始し、ユナイテッドの運航・事業要件を満たした時点で、ユナイテッド航空とメサ航空が最大200機の電気航空機を取得する計画も含まれている。

ユナイテッド航空は、カーボンオフセットに頼らずに2050年までに温室効果ガスの排出を完全に削減する約束をしており、持続可能な航空燃料(SAF)の開発と使用への投資を継続する予定だ。その他の取り組みや投資としては、100%SAFを使用したエンジンによる初の旅客便の運航完了や、CO2利用企業Dimensional Energyから3億ガロンのSAFを購入する契約などがある。

eVTOL航空機は、今後5年以内に、航空会社のハブ空港へのアクセスや、密集した都市環境での通勤に低炭素な方法を提供すると期待されている。

【参照ページ】
(原文)Archer receives $10M deposit from United Airlines for Midnight eVTOL aircraft

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る