欧州大手エネルギーRWE、アジアセメントとの戦略的パートナーシップを強化。洋上風力など強化

欧州大手エネルギーRWE、アジアセメントとの戦略的パートナーシップを強化。洋上風力など強化

12月6日、ヨーロッパで最大規模の電力及びガス事業者であるRWEとアジアセメント株式会社(ACC)は、台湾における洋上風力の成長と、輸入化石燃料から自国の自然エネルギーへの移行を共同で推進するために、既存の戦略的パートナーシップを拡大する意向を示した。

両社は、台湾西海岸(新竹市、台中市、彰化市)の海域で新しい洋上風力発電プロジェクトを共同開発する意向である。いくつかの候補地は浮体式洋上風力発電に適した水深にあり、RWEは3つのフルサイズ浮体式実証プロジェクトで培った国際的な経験を生かすことができる。これにより、ACCが持つ現地での専門知識や市場ノウハウを完全に補完することが可能になる。2018年に台湾にオフィスを開設したRWEとACCは、すでに最大448メガワットの設備容量を計画するChu Feng洋上風力発電プロジェクトの開発で成功裏に協働している。

RWEは、大規模な投資と成長戦略「Growing Green」の一環として、2030年までに全世界で500億ユーロ(約6兆4000億円)を洋上および陸上の風力、太陽光、バッテリー、フレキシブル発電、水素に投資する予定である。これにより、欧州、北米、アジア太平洋地域という魅力的な市場において、強力でグリーンな発電ポートフォリオを50ギガワット(GW)まで拡大する。

さらにRWEは、浮体式洋上風力発電のリーダーとして、2030年までに1GWを稼働または建設することを目指している。RWEは早期に経験を積むため、ノルウェー、スペイン、米国でそれぞれ異なるコンセプトに基づく複数の浮体式洋上風力発電のデモプロジェクトに参加しています。最も先進的なプロジェクトはTetraSpar Demonstratorプロジェクトで、スタバンゲルに近いノルウェー沿岸の水深200mで最近稼働を開始した。

【参照ページ】
(原文)Taiwan: RWE reinforces strategic partnership with ACC
(日本語訳)RWE、ACCとの戦略的パートナーシップを強化

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る