バンダイ、ガシャポンカプセルのリサイクルを開始

9月10日、株式会社バンダイと株式会社バンダイナムコアミューズメントおよび株式会社バンダイロジパルは 3 社合同で、ガシャポンの空カプセルのリサイクル事業「ガシャポン カプセルリサイクル」を開始することを発表した。ガシャポンのカプセルを原料としたリサイクルはカプセルトイ業界において初の取り組みとなる。

今回の取り組みはガシャポンの空カプセルの循環スキームの確立によるプラスチックごみ排出の削減や枯渇資源の使用抑制を目的としている。バンダイナムコアミューズメントが国内で運営する 4 店舗のガシャポン取り扱い店舗などで、回収した不要なガシャポンの空カプセルを、物流サービスを手掛けるバンダイロジパルが回収・配送し、プラスチックの再生加工などを行う関越資材株式会社にて再資源化する。

バンダイは、マテリアルリサイクルにて再資源化したペレットを原料に「リサイクルエコカプセル」を生産し、新商品のカプセルとして 2021 年度内に市場投入を予定している。

本年度より新たに回収拠点として拡大した「ガシャポンのデパート」「ガシャポンバンダイオフィシャルショップ」では空カプセル回収ボックス「ガシャポイントステーション」を設置することで、楽しく回収できる仕組みを作っている。「ガシャポイントステーション」はバンダイナムコアミューズメントが提供する無料のスマートフォンアプリ「ナムコポイントアプリ」と連動し、空カプセルを回収ボックスへ入れることでポイントを獲得でき、さまざまなサービスを受けることができる。

【参照ページ】業界初「ガシャポン カプセルリサイクル」を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る