経産省、「責任あるサプライチェーン等における人権尊重のためのガイドライン」を発行

経産省、「責任あるサプライチェーン等における人権尊重のためのガイドライン」を発行

9月13日、経済産業省は「責任あるサプライチェーン等における人権尊重のためのガイドライン」を発行した。

経産省は、検討会での議論を経て、ガイドライン原案を取りまとめ、令和4年8月8日から8月29日を期限として、広く意見を募集した。意見募集では、原案に対して131の団体・事業者・個人から意見が提出されたが、経産省において必要な修正を行った上で、「ビジネスと人権に関する行動計画の実施に係る関係府省庁施策推進・連絡会議」に報告し、同会議において、日本政府のガイドラインとして決定された。

今後は、ガイドラインの広報活動に努めるとともに、日本政府・企業による人権尊重に向けた取り組みとして海外にも積極的に発信する予定だ。

【参照ページ】
日本政府は「責任あるサプライチェーン等における人権尊重のためのガイドライン」を策定しました

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る