環境省、企業の脱炭素経営の具体的な行動を促進するための4つのガイドを改訂。

4月26日、環境省は、企業の脱炭素経営の具体的な行動を促進するため、4つのガイドを改訂した。

1つ目が「TCFDを活用した経営戦略立案のススメ~気候関連リスク・機会を織り込むシナリオ分析実践ガイド 2021年度版」。日本企業のシナリオ分析の実践事例(環境省支援事業参加13社)を掲載し、1.5℃シナリオのパラメータに関する情報を充実させ、国内外におけるTCFD関連文献を整理した一覧表を新規追加した。

2つ目が「SBT等の達成に向けたGHG排出削減計画策定ガイドブック 2021年度版」。企業が中長期的視点から取り組むべき、成長戦略としての排出削 減計画の策定に向けた検討の手順、視点、国内外企業の事例、参考データを整理している。また、Scope3排出量の可視化やサプライヤーエンゲージメントに関する解説を追加した。

3つ目が「中小規模事業者のための脱炭素経営ハンドブック-温室効果ガス削減目標を達成するために-Ver.1.1」。中小企業における中長期の削減計画の策定に向け、中小企業が取り組むメリットを紹介するとともに、省エネや再エネの活用や削減対策の計画への検討手順を6ステップにより精緻化して整理している。中小企業の具体的な取組事例(環境省支援事業参加16社)についても追加掲載した。

4つ目が「インターナルカーボンプライシング活用ガイドライン~企業の脱炭素・低炭素投資の推進に向けて~(2022年3月更新)」。企業の経営層や環境関連部署の担当者を読者と想定し、企業の脱炭素の取組を推進する手法の一つであるインターナルカーボンプライシング(ICP)導入時のポイント・実施方法について解説。また、ICPに関する国際的な議論・事例や、実践における検討ポイントの記載を追加している。

【参照ページ】
脱炭素経営の促進に関する各種ガイドの策定について

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る