りそなHD、サステナビリティ長期目標を発表

りそなホールディングスは6月22日、3つの「サステナビリティ長期目標」を定めたことを発表しました。

1. リテール・トランジション※1・ファイナンス目標

優先取り組みテーマ
地域、少子高齢化、環境、人権(ダイバーシティ&インクルージョン):
目標
2021年度~2030年度までの累計取扱高 10兆円
対象ファイナンス
リテールのお客さまの意識・行動のトランジションに向けて、現在地からの着実な前進に資するファイナンス

2. 同グループにおけるカーボンニュートラル目標

優先取り組みテーマ
環境
目標
自社調達電力の再生可能エネルギー化を積極推進し、同グループのエネルギー使用に伴うCO2排出量を2030年度までに実質ゼロにする

3. 同グループにおける女性登用・活躍推進・拡大目標

優先取り組みテーマ
地域、少子高齢化、環境、人権(ダイバーシティ&インクルージョン)
目標
以下、すべての項目について2030年度までに現状+10%以上を目指す
・りそなホールディングスの女性役員(取締役、執行役)比率30%以上
・グループ6社※2の女性経営職階比率20%以上、及び女性ライン管理職比率40%以上

※1 現在の状態から次の状態に移行・変化すること
※2 グループ6社:りそなホールディングス、りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらいフィナンシャルグループ、関西みらい銀行、みなと銀行の合算

【参照ページ】サステナビリティ長期目標の設定について

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る