環境NGO Fair Finance Guide Japan、深海底資源採掘に関するセクターポリシーを策定

Fair Finance Guide Japan、深海底資源採掘に関するセクターポリシーを策定

1月28日、環境NGOのFair Finance Guide Japanは深海底資源採掘のセクターポリシー策定に関するレポートを発表した。

1970年12月に定められた「海洋法に関する国際連合条約」では、国の管轄を超えた海は人類の共同の財産であり、その資源は人類全体の利益のために利用するべきとしている。

FFGJは本レポートにおいて、日本の金融機関が深海資源開発に関して投融資方針を定めていないことが危惧され、取り返しのつかない事態を招く前に金融機関各社は下記の対策を講じるべきと発表した。
・自社で深海由来の鉱物を使用しない方針を採用し、公開すること
・国連海洋科学の 10 年における深海採掘のモラトリアムへの支持を表明すること
・投融資先企業が同様に深海由来の鉱物をサプライチェーンから除外し、モラトリアムへの支持を表明するよう促す方針を定め、公開すること

このうち、深海採掘のモラトリアムとは、は開発のモラトリアム期間を求める運動を指す。海洋科学者ら600人以上によって、2021年から2030年までが「国連海洋科学の10年」と定めており、BMW、グーグル、パタゴニア、フィリップス、サムスンSDI、Scania、トリオドス銀行、フォルクスワーゲン、ボルボといった企業も深海底由来の鉱物をサプライチェーン上で使用しないことや2030年までのモラトリアムを支持することを公表している。また、200を超える政府機関と900を超えるNGOらによって構成される国際自然保護連合(IUCN)も昨年9月に深海鉱物採掘に関する世界的なモラトリアムを求める決議を圧倒的多数で可決している。

【参照ページ】
海よりも深い欲望―深海採掘への投資は海に何をもたらすのか?

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-24

    UNEP FI、マクロ経済モデルを用いた短期的な気候関連ショックを分析

    5月、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は、 英国の国立経済社会研究所(NIESR) …
  2. 2022-5-24

    中国、ILOの強制労働条約の批准を承認

    4月20日、国際労働機関(ILO)は、中華人民共和国全国人民代表大会が、1930年の強制労働条約(…
  3. 日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    2022-5-24

    日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    5月19日、岸田文雄首相は、日本の脱炭素化およびクリーンエネルギー移行目標を達成するための大規模な…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る