欧州委員会、EUと中国を比較したコモングランドタクソノミーを発表

11月5日、欧州委員会は、特定の経済活動が環境的に持続可能かどうかを判断するために、EUと中国の制度の共通点と相違点を明らかにする「コモングランドタクソノミー」を発表した。

コモングランドタクソノミーは、主に気候変動の緩和に焦点が当てられており、問題となっている活動によって他の環境目的に「著しい損害」が生じているかどうかは考慮されていない。

コモングランドタクソノミーは、農林水産業、製造業、電気・ガス・蒸気・空調の供給など6つのシナリオにわたる61の活動(80以上の活動を分析)を対象としている。それぞれの活動について、重複の度合いや相違点につき6つのシナリオのいずれかを用いて説明されている。

なお、コモングランドタクソノミーは、EUおよび中国においていかなる法的影響も伴わず、あくまでEUと中国のアプローチの違いを分析した調査報告書である。また持続可能な金融に関する国際プラットフォーム(IPSF)の他のメンバーによって正式に承認されたものではないとしている。

【参照ページ】
Common Ground Taxonomy – Climate Change Mitigation


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アマゾン、グローバルな事業展開のための実用規模の再生可能エネルギープロジェクトを次々と発表

    2021-12-2

    Amazon、グローバル再生可能エネルギープロジェクトを次々と発表

    Amazonは、米国、フィンランド、ドイツ、イタリア、スペイン、英国において、18件の風力・太陽光…
  2. 2021-12-2

    KKR、ESG戦略を推進するためにサステナビリティ・エキスパート・カウンシルを設立

    グローバルなオルタナティブ・アセット&プライベート・エクイティ投資家であるKKRは、ESGに関する…
  3. 経済産業省

    2021-12-2

    経産省、日本企業のサプライチェーンにおける人権に関する取組状況のアンケート調査結果を公表

    11月30日、経済産業省は、外務省と連名で実施した、「日本企業のサプライチェーンにおける人権に関す…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る