住友不動産、新築分譲マンション開発で脱炭素を推進

住友不動産は9月28日、今後供給する全ての新築分譲マンションで、省エネ性能「ZEH-M Oriented」の標準仕様化、建設現場で使用する電力の「グリーン電力化」を要請すると発表した。

今回発表された「ZEH-M Oriented」は、集合住宅でのZEHの4段階の規格の中で、「ZEH-M」「Nearly ZEH-M」「ZEH-M Ready」より、最も低い規格であり、省エネによる一次エネルギー消費量が現行の省エネ基準値より20%高い基準に設定されている。

また同社は今後、施工を行う建設会社に対しても使用電力の再生可能エネルギー化を要請することを明らかにしている。

【参照ページ】新築分譲マンション開発で脱炭素を推進

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2021-11-29

    ENEOSの傘下のJX石油開発、英資源開発事業を売却

    11月26日、ENEOSホールディングス傘下で石油や天然ガスなどの開発を手掛けるJX石油開発は、英…
  2. 2021-11-29

    Citi、Breakthrough Energy Catalystとのパートナーシップを発表

    11月2日、Citiは、2050年までのネット・ゼロ・エミッション達成に向けてクリーン・エネルギー…
  3. LM Wind Power、廃棄物ゼロの風力発電ブレード製造へ

    2021-11-29

    LM Wind Power、廃棄物ゼロの風力発電ブレード製造へ

    11月23日 、GEのリニューアブル・エナジー事業であるLM Wind Powerは、2030年ま…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る