Citi、アジア太平洋地域のサステナブル・ファイナンスの需要急増を公表

Citi

世界的な金融サービス企業であるCiti Groupは、本日、サステナブル・ファイナンスの新たなマイルストーンとして、2021年上半期にアジア太平洋地域の顧客への融資額が250億ドルを突破し、前年同期比で400%以上増加したことを発表した。

Citiは、投資家の需要の高まりにより、サステナブル債の発行に有利な価格が設定されるという「グリーニアム」が発生していることも指摘している。Citiによれば、多くの場合、発行体はグリーンボンドの発行によって、より安価な資金を調達することができる。

【参照ページ】

(参考記事)Citi Says Demand for Sustainable Bonds Generating ‘Greenium’ as Asia Pac Volumes Surge

(日本語訳)米Citi、アジア太平洋地域のサステナブル・ファイナンスの需要急増を公表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-1-19

    Commerz VenturesやCiti Ventures、消費者向けカーボンフットプリント追跡ソリューションプロバイダーに出資

    1月17日、ストックホルムに拠点を置くカーボンフットプリント追跡ソリューションプロバイダーのDoc…
  2. 2022-1-19

    非営利団体Bonsucro、サトウキビの生産基準認証を改訂。生物多様性などグローバルリスクに対応

    1月17日、持続可能なサトウキビの促進を目指す国際的な非営利団体であるBonsucroは、サトウキ…
  3. 2022-1-19

    滋賀県、地方公共団体初のサステナビリティ・リンク・ボンドを発行。排出量削減の目標未達で金利以外の罰則規定も

    1月18日、滋賀県は二酸化炭素排出削減の目標達成を投資家に約束する「サステナビリティ・リンク・ボン…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る