電力大手25社、再エネ転換推進に向けたイニシアティブを発足

12月5日、合計で2億5,000万人以上の顧客にサービスを提供する電力世界大手25社を含む31のパートナーが、2030年のブレークスルー目標および2050年までのネット・ゼロの未来に沿った電化、再生可能エネルギー対応送電網、クリーンエネルギーの導入を推進するための画期的な共同コミットメントに向けて団結した。

ドバイで開催されたCOP28では、世界的な業界大手、地域の電力会社、開発業者、電力システム技術のリーダーが、エネルギー転換への支援を倍増させ、公正で秩序あるエネルギー転換の迅速な推進というCOP28行動アジェンダの目標に、世界の電力コミュニティのかなりの部分を一致させた。

各電力会社は、実施のための手段として「ネット・ゼロのための公益事業同盟(Utilities for Net Zero Alliance:UNEZA)」を結成し、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)に事務局の主導を要請した。電力会社は、IRENA の「世界エネルギー移行見通し」の中で枠付けされ、国連気候変動ハイレベル・チャンピオンが主導する「2030ブレークスルー」に反映されている、ネット・ゼロの道筋を阻害する要因に取り組む予定である。

本発表は、電力系統のバリューチェーン内の事業体間の世界的な協力のための重要な新しい枠組みとなる。主な焦点は、自然エネルギー導入の加速化と必要なインフラの構築にあり、同時に、サプライチェーンのボトルネックへの対処、グローバル・サウスにおける電力セクター変革への資本流入の支援、政策立案者や規制当局とのエンゲージメントに向けた共同努力のためのプラットフォームも提供する。

欧州、中東、アフリカで最大級の上場総合電力会社であるUAEのアブダビ国営エネルギー会社(TAQA)を筆頭に、ブイ電力公社、DEWA、DLOエナジー、EDF、EDP、E. ON、Enel、Engie、Etihad Water and Electricity、日立エナジー、Iberdrola、Jinko Power、KEGOC、KenGen、Masdar、National Grid、Octopus Energy、RWE、Schneider Electric、Siemens、SSE、Tenaga、Uniper、Xlinksが加盟した。

アライアンスは、戦略的パートナーであるIRENAと国連気候変動ハイレベル・チャンピオンによって推進される。世界経済フォーラム(WEF)、国際電気標準会議(IEC)、グローバル・リニューアブルズ・アライアンス、Coordinador Eléctrico Nacionalがエコシステム・パートナーとして支援する。

UNEZAは、「資本動員」「サプライチェーンのリスク回避」「能力と人材の育成」「政策と規制による支援の促進」を含むマクロなエネルギー移行の課題に取り組むとしている。

【参照ページ】
(原文)Global Power Utilities Declare Joint Action Plan to Drive Energy Transition at COP28
(日本語参考訳)電力大手25社、再エネ転換推進に向けたイニシアティブを発足

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る