NGOのWRAP、AsdaとUnileverとのパートナーシップを発表

12月16日、NGOのWRAPは英国のプラスチック協定加盟企業であるAsdaとUnileverとのパートナーシップ締結を発表した。本パートナーシップでは、買い物習慣を変える方法を理解する世界初の研究プロジェクトが行われている。また、消費者の日常的な買い物で、詰替え販売や再利用可能な容器の利用を活発化させるため、行動変動の阻害要因を包括的に調査する「Plastics Tracker Report」を発表した。

英国のイノベートUKが共同出資する本研究では、買い物客が自宅で計画を立て、店頭で行動し、自宅に帰ってから商品をどのように詰め替え、保管するかを詳細に追跡調査する。

その目的は、詰め替えや再利用の機会や、市民を妨げている障害について、より深く理解することである。スーパーマーケットや企業は、自社の製品に適応し、成長させることができ、顧客をその旅に連れ出すために必要な変化を促進することが可能になる。

本転換は、店頭のプラスチック包装を減らし、プラスチック汚染に取り組むと同時に、市民が持続可能な買い物をできるようにするための重要な要素であり、変化を起こすための契機となることが期待されている。

【参照ページ】
(原文)World-leading research will pave the way for mainstream re-use and refill shopping in UK supermarkets
(日本語訳)世界をリードする研究により、英国のスーパーマーケットにおける再利用・詰め替えショッピングの主流化へ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る