PRI、人権に関するESG投資の強化にむけ、機関投資家のニーズと課題の調査を開始

PRI、人権に関するESG投資の強化にむけ、機関投資家のニーズと課題の調査を開始

12月、国連責任投資原則(PRI)は、人権に関するESG投資を強化するため、機関投資家のニーズと課題の調査を開始したと発表した。調査結果は2022年中にも発表する見通し。

PRIは、機関投資家は、UNGPsとOECDガイドラインで定義されているように、すべての投資において人々への害を最小限に抑える責任があると表明している。投資ポートフォリオにおいて、人権の軽視は負の結果をもたらすことにつながることになる。現在、フランスのビジランス法、ドイツのサプライチェーン法など各国にて人権に関する規制の強化が図られている。

また、持続可能な金融情報開示規制の一部として、投資会社は悪影響をもたらす可能性のある情報を開示しなければならないと規定されている。他の管轄区域(例えば、オーストラリア、カリフォルニア、および英国)では、特定の人権問題に対する規定も設けられている。

加えて、有意義なソースデータ、集計された情報および分析を入手し、投資家が投資先企業のデューデリジェンスの質への理解が容易になることが必要である。グローバルで多様化した企業では、リスクや実際の被害状況のモニタリングがさらに複雑になる可能性も考えられる。

本調査の結果は、投資家へのデータ提要、ガイダンス策定、ケーススタディ作成、政府や国際機関へのアドボカシー、機関投資家及びデータプロバイダーへのエンゲージメント等に活用される予定である。

【参照ページ】
RESEARCH ON INVESTOR DATA NEEDS AND CHALLENGES TO MANAGE HUMAN RIGHTS

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る