ANAが初の寄付型で需要約1200億円!国内最大のサステナ・リンク債

ANAが初の寄付型で需要約1200億円!国内最大のサステナ・リンク債

ANAホールディングスが6月2日に起債したサステナビリティー・リンク債※は、主幹事によると最終需要は約6.1倍で発行額が200億円と国内最大になった。当初100億円を前提としていた発行額は、ANAHDの広報担当者によると投資家の需要を踏まえて200億円に増やした。

ANAHDが設定した目標は、MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数への採用や、環境評価のNPOである英CDPから「A−」以上の評価取得など4つ。このうち22年度末時点で2項目以上が未達成の場合、環境や社会に対する活動を行っている法人・団体などに社債発行額の0.1%相当額を3年間寄付する。

※ SLB(サステナビリティ・リンク債)はESG(環境、社会、企業統治)関連債の一つで、企業が定めたサステナビリティー(持続可能性)の目標を達成するかどうかで利率などの条件が変わる仕組みである。

【参照ページ】 ANAが国内最大のサステナ・リンク債、需要約1200億円-初の寄付型

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る