三井住友FG、ネット・ゼロの実現に向けて中堅・中小企業を支援。トランジション・ファイナンス重視の姿勢

9月28日、三井住友フィナンシャル・グループは2050年までのカーボンニュートラル実現に向け、グループのシンクタンク機能も活用して企業の事業構造転換を支援すると発表した。

ブルームバーグ主催のBNEFジャパン・フォーラム2021では、三井住友FGのチーフ・サステナビリティ・オフィサーを務める伊藤文彦氏が、さまざまな業界・企業の「移行への取り組み」を支援する「トランジションファイナンスが大事になる」と述べた。

サステナブルファイナンスについては、今後日本では分野別にロードマップを作成して移行を支援するトランジションファイナンスが主流となるとみられている。

中堅・中小企業などに対しては、傘下の日本総研などと協力してマテリアリティ(重要課題)を特定し、評価指標(KPI)を導き出すなど、「入口から寄り添ってネットゼロを実現する」と述べている。

【参照ページ】三井住友FG、ネットゼロへ企業に助言-トランジション重視 (訂正)

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アマゾン、グローバルな事業展開のための実用規模の再生可能エネルギープロジェクトを次々と発表

    2021-12-2

    Amazon、グローバル再生可能エネルギープロジェクトを次々と発表

    Amazonは、米国、フィンランド、ドイツ、イタリア、スペイン、英国において、18件の風力・太陽光…
  2. 2021-12-2

    KKR、ESG戦略を推進するためにサステナビリティ・エキスパート・カウンシルを設立

    グローバルなオルタナティブ・アセット&プライベート・エクイティ投資家であるKKRは、ESGに関する…
  3. 経済産業省

    2021-12-2

    経産省、日本企業のサプライチェーンにおける人権に関する取組状況のアンケート調査結果を公表

    11月30日、経済産業省は、外務省と連名で実施した、「日本企業のサプライチェーンにおける人権に関す…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る