FCA、サステナビリティとの関連が薄いESG投資ファンドの増加を指摘

FCA

英国の金融サービス企業および金融市場の行動規制機関である金融行動監視機構(FCA)は、ESGに焦点を当てたファンドの申請が期待に沿わないことが多く、実際の戦略や構成に裏付けられていないサステナビリティに関する主張が多い点を指摘する書簡を、公認ファンドマネジャーに向けて発表した。

FCAの資産運用監督部門の責任者であるニック・ミラーが署名した書簡によると、サステナブルな投資の選択肢を求める投資家の要望により、


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-25

    Workivaのサーベイ:自社のESGデータを7割以上の経営幹部が信頼をしていない

    6月23日、ビジネスデータ・報告ソリューションプロバイダーのWorkivaが発表した新しい調査によ…
  2. 資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    2022-6-25

    資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    6月22日、オルタナティブ投資に特化したグローバルな資産運用会社であるOaktree(オークツリー…
  3. 2022-6-25

    Brookfield、過去最大のネット・ゼロ移行ファンドで約2兆円を調達

    6月22日、グローバルなオルタナティブ資産投資家であるBrookfield(ブルックフィールド・ア…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る