アサヒグループとNLJ、ダブル連結トラックを活用した工場間の直送を開始

物流

5月13日、アサヒグループジャパン株式会社(以下、アサヒグループ)とNEXT Logistics Japan株式会社(以下、NLJ)は、NLJの25mダブル連結トラックを活用した工場間の直送を開始すると発表した。

アサヒ飲料明石工場・群馬工場間の商品の輸送は、主にアサヒグループ傘下のアサヒロジが所有する大型トラック2台で実施していた。今回、一部の便をNLJが所有するダブル連結トラックによる直送に切り替える。大型トラック2台が両工場間を直送する場合と比較し、ドライバー1名での輸送が可能で、CO2排出量は約35%の削減を見込んでいる。ダブル連結トラックによる工場間の全区間の直送はアサヒグループで初。

また、今後は、ダブル連結トラック直送の便数増加やアサヒグループの他工場間への拡大、他企業の荷物を混載して配送することを検討する。両社は引き続き連携を図り、トラック運転手の時間外労働の上限規制により生じる2024年問題への対応や環境施策を強化することで、持続可能な物流の実現を目指す。

【参照ページ】
(原文)ダブル連結トラックを活用した工場間の直送を開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る