官民連携で水素技術開発に本腰へ

2050年の脱炭素社会実現に向け、政府や企業が燃焼時に二酸化炭素(CO2)を排出しない水素の本格活用に向けた動きを加速させている。

政府は月内に決定する成長戦略で、30年までに水素ステーションを現在の約160基から1000基まで増設する方針だ。
企業も技術開発に全力を挙げており、トヨタ自動車は5月、24時間耐久レースで水素エンジン車を完走させ、岩谷産業は、液化水素や水素ガスの製造、輸送を手掛けている。

【参照ページ】水素技術開発、官民で本腰 「脱炭素の鍵」覇権争い激化

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る