グンゼ、人権侵害への懸念で新疆綿の使用中止を検討

グンゼ、人権侵害への懸念で新疆綿の使用中止を検討

グンゼが6月16日、中国・新疆ウイグル自治区で生産されたコットン(綿)の使用を中止する方向で検討していることがわかった。

該当製品はレッグウェア「ハクケア」シリーズの一部。別の素材への変更を検討しているという。
同社は生産工程で人権侵害は確認されていないとするが、国際的に懸念が広がっている状況を考慮したという。

【参照ページ】グンゼが新疆綿の使用中止へ、ウイグル問題を受けて

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. 2023-11-29

    三井物産とJOGMEC出資のArctic2、米政府の経済制裁対象者に指定

    11月3日、三井物産は、エネルギー・金属鉱物資源機構(JOGMEC)と共同出資するオランダ法人Ja…
  2. 2023-11-29

    トヨタと大林組、CFRP端材をコンクリート材に再生利用

    11月9日、トヨタ自動車と大林組は、トヨタ自動車の共燃料電池車「MIRAI」の水素タンクに使用して…
  3. 2023-11-29

    経産省、海底熱水鉱床開発の第2回総合評価を公表

    11月8日、経済産業省及びドイツのエネルギー・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、海底熱水鉱床開発…

アーカイブ

ページ上部へ戻る