系統安定化ソリューションのリアクティブ・テクノロジーズ、2500万ポンドを調達

5月21日、ロンドンとフィンランドを拠点とする系統安定化ソリューション・プロバイダーのリアクティブ・テクノロジーズは、シリーズD資金調達ラウンドで2500万ポンド(500億円)を調達したと発表した。

リアクティブ・テクノロジーズは、系統運用者、公益事業者、規制当局のネット・ゼロへの移行を支援し、弾力的で再生可能な送電網を確保することを目的とした系統回復技術を提供している。同社のソリューションは、系統運用者に系統安定性と慣性の正確なリアルタイム測定を提供し、系統強度の測定やエネルギー取引へのリアルタイムな洞察の提供に加え、安定した周波数の維持を可能にする。

リアクティブ・テクノロジーズによると、同社のソリューションは、再生可能エネルギーの導入が加速するにつれ、系統運用者が直面する慣性力や系統強度の低下といった課題に対処するもので、系統安定化ソリューションの必要性を促している。今後、排出削減量は大幅に増加すると予想される。

今回の資金調達ラウンドは、M&Gのカタリスト・インベストメントが主導し、英国とアイルランドの成長資本投資家BGFとブレークスルー・エナジー・ベンチャーズも参加した。

M&Gは2021年にカタリストを立ち上げ、プライベート&オルタナティブ資産事業内にインパクトに焦点を当てた投資チームを設立した。

【参照ページ】
(原文)Reactive Technologies Raises £25M to Support Global Expansion in Funding Round led by M&G, BGF, and Breakthrough Energy Ventures
(日本語参考訳)リアクティブ・テクノロジーズ、M&G、BGF、ブレイクスルー・エナジー・ベンチャーズが主導する資金調達ラウンドで、グローバルな事業拡大を支援するため2500万ポンドを調達

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る