ロボアド「Wealth Wing」、ESG投資が可能に

ロボアド「Wealth Wing」、ESG投資が可能に

7月28日、株式会社Finatextホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:林 良太)の子会社で証券事業を行う株式会社スマートプラス(本社:東京都千代田区、代表取締役:藤江 典雄)が提供するリターンにこだわる次世代型ロボアド「Wealth Wing(ウェルス ウイング)」がファクトセット社の提供するESGスコアを採用し、ロボアドバイザーで初めてESG投資を可能にしたと発表した。

スマートプラスは、SDGsの達成、サステナブルな社会への実現に寄与していく事、また、個人投資家の方々により簡単に、透明性の高いESG投資が行え、それを株式投資のリターンとして享受できる環境を整えることが必要と考え、Wealth WingにおいてESGを考慮した運用を行うこととした。

今回、ESGを考慮した運用を行うためのデータについてはファクトセット社のESGスコアを採用した。このデータにおいて投資リターンの底上げ狙うことができる示唆が認められたためWealth Wingの「リターンへのこだわり」と「ESGを考慮した運用」が実現できると考え採用に至った。

【参照ページ】Wealth WingのESG投資 おまかせ投資で実現する最良のESG投資

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. 2023-11-29

    三井物産とJOGMEC出資のArctic2、米政府の経済制裁対象者に指定

    11月3日、三井物産は、エネルギー・金属鉱物資源機構(JOGMEC)と共同出資するオランダ法人Ja…
  2. 2023-11-29

    トヨタと大林組、CFRP端材をコンクリート材に再生利用

    11月9日、トヨタ自動車と大林組は、トヨタ自動車の共燃料電池車「MIRAI」の水素タンクに使用して…
  3. 2023-11-29

    経産省、海底熱水鉱床開発の第2回総合評価を公表

    11月8日、経済産業省及びドイツのエネルギー・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、海底熱水鉱床開発…

アーカイブ

ページ上部へ戻る