ベクトル、ESGスコアリングサービスのESG項目と最新版スコアをアップデート

ベクトル、ESGスコアリングサービスのESG項目と最新版スコアをアップデート

10月20日、株式会社ベクトルは、昨年度リリースしたESGスコアリングサービスのアップデート版の提供を開始した。

ベクトルのESGスコアリングサービスは日本の上場企業約3,800社を網羅し、ESGへの取り組みをスコア化するサービスだ。ESGスコアは、企業がHP等で開示している情報を基に、上場企業約3800社を相対評価しているため、自社のESGへの取り組み度合い、競合との差異が把握できる。

本アップデートでは、情報開示の義務化で注目を集めている人的資本や脱炭素の項目を更新と、2021年12月~2022年8月までに開示された企業情報を反映し、最新版のスコアを算出している。また、2021年度の統合報告書の発行企業数は2016年度比214%と倍増しているなど、企業の対応や発信も加速している市場環境において、時流に沿った最新のデータを提供する。

ESGスコアリングサービスは、ベクトル・九州大学・データ提供会社の3機関で共同開発した。ESGスコアリング内のシステムは高度な日本語処理能力を有しており、上場企業全社の開示情報から、AIが自動判定し、独自メソドロジーに基づいてスコアを算出、分析レポートの発行を行う。上場企業全社と比較することで、自社の立ち位置やESGへの課題の可視化など現状分析ツールとして活用できる。

弊社が手掛ける現在のESGスコアリングサービスは、ESGに紐づく456の項目を有しており、業種ごとに適した約156個の項目を選定し、スコアリングを実施している。直近では「脱炭素」や「人的資本」のテーマを設け、テーマ毎に上場企業全社を比較する機能の開発も進めている。「脱炭素」や「人的資本」のテーマに紐づく項目を九州大学と選定した後、より現場の声を反映した活用しやすいレポートを目指し、企業・投資家ヒアリングを実施する予定する。

同社は日本企業のESGに対する取り組みをグローバル基準へと押し上げていくとともに、日本企業のESG経営に対する認知と理解をより一層拡大し、日本企業のさらなる価値向上に貢献する。

【参照ページ】
上場企業約3800社を網羅したESGスコアリングサービス ESG項目と最新版スコアをアップデート

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る