経産省、脱炭素基金から次世代航空機開発に210億円拠出

https://esgjournaljapan.com/wp-content/uploads/2021/06/wabun_b_logo_color_small.jpg

経産省は7月8日、脱炭素社会の実現に向け企業の技術開発を支援する2兆円基金について投資内容を検討し、2つの分野から予算上限案が示された。

燃料に水素を用いる水素航空機を軸にした「次世代航空機」テーマは210.8億円、水素やアンモニアなどを燃料とする船舶開発を目指す「次世代船舶」は350億円を提示した。国土交通省によれば船舶のライフサイクル(製造~解体)全体での二酸化炭素排出量のうち、98%が運航に由来することから、燃料転換が最重要と位置付けた。

【参照ページ】第2回 産業構造審議会 グリーンイノベーションプロジェクト部会 産業構造転換分野ワーキンググループ

【参照ページ】次世代航空機に向けた研究開発・社会実装の方向性

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る