インパクト投資ファンドCLP、堆肥化エコシステムを確立するためのコンソーシアムを発足

インパクト投資ファンドCLP、堆肥化エコシステムを確立するためのコンソーシアムを発足

11月9日、インパクト投資ファンド運用のクローズド・ループ・パートナーズ(CLP)は、ペプシコ、NextGenコンソーシアムとともに、「コンポスティング・コンソーシアム」を発足したと発表した。

このコンソーシアムは、米国のコンポスティング(堆肥化)エコシステムにおいて、堆肥化可能な食品パッケージの回収率を高め、循環型経済を目指すための方法を模索するために発足した。現在、化石燃料を使用する従来の使い捨てプラスチックパッケージに代わるものへの需要が高まっており、堆肥化可能なパッケージの市場は、2020年から2021年の間に年率17%で成長すると予測されている。

堆肥化可能なパッケージは、環境、経済、社会面でのメリットが期待でき、食品パッケージやパッケージ内の食品残渣を堆肥化インフラに転用することができ、これらが埋立てられる際に排出される温室効果ガスを軽減することが可能。

コンポストコンソーシアムは、この拡大中のパッケージ分野における現状の課題を認識し、関係者間の団結と明確化を求めていく。

【参照ページ】
(原文)Closed Loop Partners Collaborates with PepsiCo, the NextGen Consortium & Other Leading Brands to Advance Composting Infrastructure & Recover Compostable Packaging and Food Scraps
(日本語訳)クローズドループ・パートナーズがペプシコ、ネクストジェン・コンソーシアム、その他の大手ブランドと協力して、コンポスト化のインフラを進め、コンポスト化可能なパッケージや食品残さを回収する。

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る