アクサ、投資および保険ポートフォリオの脱炭素化に向けた新たな目標を設定

アクサ、投資および保険ポートフォリオの脱炭素化に向けた新たな目標を設定

6月29日、保険グループのアクサは、投資および保険事業における一連の脱炭素化目標を発表した。その中には、最大の商業保険顧客の排出量を30%削減する目標や、グループの一般勘定投資資産の二酸化炭素排出量を2030年までに50%削減する目標(2019年基準)も含まれている。

新目標は、同社の2023年版気候変動・生物多様性報告書の発表と同時に発表されたもので、米国における反ESGの政治的圧力の中、アクサが他の大手保険会社数社とともにネット・ゼロ保険アライアンス(NZIA)からの脱退を決定した直後に発表された。同社は引き続きネット・ゼロ・アセット・オーナー・アライアンスのメンバーである。

新報告書には、アクサ損害保険の様々な保険ポートフォリオに関する脱炭素化目標も初めて盛り込まれており、その中には、最も重要な個人向け自動車保険ポートフォリオの炭素強度を20%削減するという目標も含まれている。アクサは、最大規模の顧客に対する30%の排出量削減目標に加え、その他の法人顧客の炭素集約度を2030年までに2021年を基準として20%削減する目標も発表した。

アクサはまた、再生可能エネルギー分野および低炭素ビジネスモデルへの移行が進む分野での事業を拡大し、法人顧客、外部利害関係者、パートナーとの対話を強化し、移行をよりよく支援するという目標も発表した。

報告書の中で、アクサは、グループの一般勘定ポートフォリオの債券および株式保有による2050年の温暖化影響を測定する「暗黙の気温上昇」が前年比0.1℃低下し、市場平均の2.7℃に対し、現在は2.5℃であることも明らかにした。

【参照ページ】
(原文)AXA announces new decarbonization targets and publishes its 2023 Climate & Biodiversity report
(日本語訳)アクサ、新たな脱炭素化目標を発表、2023年版「気候変動と生物多様性」報告書を発行

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る