Crédit Agricole、環境・社会イニシアティブを主導する部門を立ち上げ

Crédit Agricole、環境・社会イニシアティブを主導する部門を立ち上げ

6月30日、国際的な銀行・投資グループであるCrédit Agricoleは、グループの環境・社会的イニシアティブの定義、推進、指導、調整を担う新部門「ソシアル・コミットメント部門」の発足を発表した。

発足を発表した声明によると、新部門は「Crédit Agricoleの全活動とステークホルダーとの関係において、責任ある持続可能なアプローチを可能な限り広めることを奨励する」という。

Crédit Agricoleは、Crédit Agricole CIB, Amundi、CPR Asset Management、Crédit Agricole Assurancesなどのブランドを通じて、コーポレート・バンキング、投資銀行、ビジネス・バンキング、保険、資産運用、その他の金融サービスを展開している。Crédit Agricole トランジションズ&エナジーは、エネルギー転換に向けた行動やサービスの調整・推進を目的とする新部門である。

新部門の責務には、Crédit Agricoleのソシアタル・プロジェクトの運営、責任ある業務慣行の事業への統合の推進、排出削減、エコロジカル・フットプリントの削減、再生可能エネルギーの推進、持続可能な資源管理、環境意識など、環境に配慮した部門別慣行やポリシーの採用・監視、責任あるリスク管理、倫理・法令遵守への貢献、社会・環境にプラスの影響を与えるプロジェクトや事業への融資の推進などが含まれる。

新部門は、Crédit Agricoleの執行委員会にも加わったエリック・カンポス氏が率いる。カンポス氏は2001年にCrédit Agricoleに入社し、直近ではCrédit Agricole トランジションズ&エナジーのCEOおよび企業・社会的責任部門の責任者を務めていた。

【参照ページ】
(原文)CRÉDIT AGRICOLE GROUP CREATES A SOCIETAL COMMITMENT DIVISION
(日本語訳)クレディ・アグリコル・グループが社会貢献部門を設立

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る