Crédit Agricole、環境・社会イニシアティブを主導する部門を立ち上げ

Crédit Agricole、環境・社会イニシアティブを主導する部門を立ち上げ

6月30日、国際的な銀行・投資グループであるCrédit Agricoleは、グループの環境・社会的イニシアティブの定義、推進、指導、調整を担う新部門「ソシアル・コミットメント部門」の発足を発表した。

発足を発表した声明によると、新部門は「Crédit Agricoleの全活動とステークホルダーとの関係において、責任ある持続可能なアプローチを可能な限り広めることを奨励する」という。

Crédit Agricoleは、Crédit Agricole CIB, Amundi、CPR Asset Management、Crédit Agricole Assurancesなどのブランドを通じて、コーポレート・バンキング、投資銀行、ビジネス・バンキング、保険、資産運用、その他の金融サービスを展開している。Crédit Agricole トランジションズ&エナジーは、エネルギー転換に向けた行動やサービスの調整・推進を目的とする新部門である。

新部門の責務には、Crédit Agricoleのソシアタル・プロジェクトの運営、責任ある業務慣行の事業への統合の推進、排出削減、エコロジカル・フットプリントの削減、再生可能エネルギーの推進、持続可能な資源管理、環境意識など、環境に配慮した部門別慣行やポリシーの採用・監視、責任あるリスク管理、倫理・法令遵守への貢献、社会・環境にプラスの影響を与えるプロジェクトや事業への融資の推進などが含まれる。

新部門は、Crédit Agricoleの執行委員会にも加わったエリック・カンポス氏が率いる。カンポス氏は2001年にCrédit Agricoleに入社し、直近ではCrédit Agricole トランジションズ&エナジーのCEOおよび企業・社会的責任部門の責任者を務めていた。

【参照ページ】
(原文)CRÉDIT AGRICOLE GROUP CREATES A SOCIETAL COMMITMENT DIVISION
(日本語訳)クレディ・アグリコル・グループが社会貢献部門を設立

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る