Air Products、クリーンエネルギーへの投資コミットメントを増額

7月25日、産業用ガス会社のAir Productsは、クリーンエネルギー・プロジェクトへの資本支出計画を大幅に増やし、2018年から2027年のエネルギー転換の投資目標を40億ドル(約5,500億円)引き上げ、新たに150億ドル(約2兆円)とすることを発表した。

また、2030年のスコープ3排出を3分の1削減する目標や、2050年までに事業活動による炭素排出をネット・ゼロにする誓約など、一連の新しい気候変動への取り組みも明らかにした。ネット・ゼロ達成のために同社が計画している行動には、再生可能エネルギーの利用拡大や、2,000台のトラックを水素燃料電池のゼロ・エミッション車に変更することなどが含まれる。

本発表により、Air Productsは、今後のクリーンエネルギー・プロジェクトに、2027年までにさらに少なくとも40億ドル(約5,500億円)の新規資本を支出またはコミットすることになる。Air Productsによると、クリーンエネルギー設備投資の効果を説明し、現在実行中の水素プロジェクトが大型トラック市場で使用された場合、年間2000万トン以上のCO2排出を回避でき、プロジェクトの寿命期間中には5億トン以上のCO2排出を回避できるという。

Air Productsの新たなスコープ3の目標は、2020年に設定した「Third by ’30」公約に、同社が直接コントロールできない排出量を追加し、2015年を基準として2030年までに排出強度を3分の1に削減することを目指すものである。当初のコミットメントはスコープ1および2の排出を対象としていたが、今後は、同社の上流の燃料およびエネルギー関連活動、販売製品の使用、投資もプログラムに含まれるようになる。

新たな目標に加えて、Air Productsは、企業の環境持続可能性行動と気候変動への対処・抑制という世界的目標との整合性に焦点を当てた主要組織の一つであるScience Based Targets initiative(SBTi)と協力して、化学部門の気候変動対策のための部門別枠組みと方法論を開発することも表明している。

【参照ページ】
(原文)Air Products Announces Additional “Third by ‘30” CO2 Emissions Reduction Goal, Commitment to Net Zero by 2050, and Increase in New Capital for Energy Transition to $15 Billion
(日本語訳)Air Products、クリーンエネルギーへの投資コミットメントを150億ドルへ増額

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る