Maersk、Einrideと提携 300台の電気トラックを配備へ

 

3月24日、Maerskは、北米のネットワークに300台の電気トラックを追加し、史上最大規模の大型電気トラックの導入を発表した。

導入するトラックは2023年から2025年にかけて納入され、 Maerskの北米における倉庫・流通・輸送事業「Performance Team – A Maersk Company」で使用される予定である。トラックは、Einrideのデジタル道路貨物オペレーティングシステムと充電ソリューションを使って運転される。トラックは、Performance Teamの道路貨物ネットワークの一部として運用される。

Maersk の顧客は、持続可能なサプライチェーンについて、概念的なものだけでなく具体的な行動を求めている。本受注は、エンド・ツー・エンドで陸上輸送の脱炭素化基盤を構築する重要なステップであると同時に、顧客の内陸輸送の問題点にも対処するものでもある。Maerskでは、会社関連の全排出量の93%を占める海上輸送において、包括的な脱炭素化計画を進めている。

Maerskの北米における長期目標は、完全なEVによるトラック輸送に移行し、短距離トラック輸送において環境に優しい選択肢を顧客に提供することである。

【参照ページ】
(原文)Maersk to deploy 300 electric trucks in partnership with Einride
(日本語訳)Maersk、Einrideと提携 300台の電気トラックを配備へ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る