ロベコ、新たなトランジション投資戦略を開始

4月15日、アムステルダムの国際的資産運用会社ロベコは、数ヶ月以内に、様々な資産クラスを網羅し、炭素集約的なセクターを含むあらゆる産業で持続可能な移行を進めている企業に高い収益率を見出すことを目的とした、移行投資戦略の新シリーズを立ち上げる計画を発表した。

現在、トランジション投資のほとんどがプライベート・マーケットと不動産に集中しているため、新戦略の立ち上げはより幅広い投資家に提供することを目的としている。

国連のデータでは、2050年までに新興国経済をネット・ゼロに転換するには125兆ドルの投資が必要と予想されており、規制当局もすでに企業に対して移行計画の策定と開示を望んでいる。

ロベコによれば、新しい戦略は、トランジション・リーダーたる企業と遅れをとる企業を区別するためのフレームワークを使用し、志向性、測定可能性、信頼性といった主要原則を遵守しつつ、持続可能な開発で前進的な企業に融資するアプローチを活用する。

【参照ページ】
(原文)Robeco positions Asian bonds fund for transition investing
(日本語参考訳)ロベコ、アジア債権ファンドをトランジション投資に位置づけ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る