EFRAG、欧州サステナビリティ報告基準(ESRS)のQ&Aプラットフォームを開設

10月24日、EUの金融報告フレームワーク検討機関European Financial Reporting Advisory Group(EFRAG)は、ESRSのQ&Aプラットフォームを開始したことを発表した。欧州サステナビリティ報告基準(ESRS)に関する作成者や一般からの技術的な導入に関する質問を収集し、回答を行う。

同プラットフォームでは、オンラインフォームに入力することで質問できる。EFRAGは、欧州委員会のテクニカルアドバイザーとして、プラットフォームを通じて寄せられた質問に対し回答を提供。回答は、EFRAGのデュー・プロセスに従って提供される。

寄せられた質問は、「非公式的な明確化が必要なもの」「非公式的な実務ガイダンスや例示の作成を必要とするもの」「将来の基準策定や既存ESRSの改訂を必要とするもの」「EFRAGの報告ガイダンスの範囲外として却下されるもの」「その他、対応基準を満たしておらず却下されたもの」の5つに分類される。

【参照ページ】
(原文)24/10/2023 – LAUNCH OF THE EFRAG ESRS Q&A PLATFORM TO SUPPORT THE IMPLEMENTATION OF ESRS
(日本語参考訳)EFRAG、欧州サステナビリティ報告基準(ESRS)のQ&Aプラットフォームを開設

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る